Ping送信のスパム認定防止!WordPress Ping Optimizer操作方法・設定方法

Ping送信正しい設定方法,スパム判定,スパム認定防止 プラグイン

Ping送信とはサイト・ブログの記事を投稿した際に、記事を載せてねと色んなサーバーへ通知を送るものです。自分からPing送信をすることで少しでも速く記事の読者を増やすために行います。

ぶー助
ぶー助

勝手にWordPressがPing送信をやってくれたらいいぶ

きたきつね
きたきつね

その通りすでにやってるぞ

実はWordPressの機能でPing送信は備えられているのですが、記事公開・更新の度にPing送信を行います。誤字を修正して更新しただけでPing送信をするので何度も同じ記事の情報が行ってしまいスパムと判断され自分のサイトを掲載してくれるランキングサイト等から排除される可能性があります。

ぶー助
ぶー助

それじゃPing送信の意味がないぶ

そこでWordPress Ping Optimizerを使えば記事公開時のみPing送信に制限をかけることができるので、Ping送信をするためのプラグインというよりは記事修正の度にPing送信をしないように制限をかけるための用途として使う方がほとんどです。

この記事では簡潔にPing送信の説明をしています。
ほとんど似た内容ですがより詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください。

1 注意点

ダウンロードの前に二つの注意点に目を通してみてください。

1-1 登録制Pingサーバーとは?

ランキングサイトを見たことある方は多いのではないでしょうか?基本的には登録性のところが多く、登録するとPing送信先となるURLを教えてもらいます。

自分のサイトに専用のバナーを設置してそこからサイトへ飛んだり入ったりで評価をされてランキングが上昇します。
こんなバナー(絵)

人気ブログランキング


【有名所ランキングサイト】
人気ブログランキング
ブログ村
PVランキング

ただしデメリットもあり、自分のサイトにバナーを貼るのでそっちへ飛んで違うサイトに行ってしまいそのまま帰ってこないなんてこともあります。

ランキングサイトは複数ありますがすべてから恩恵をもうことは難しく、上位ランカー達は基本的に一つのランキングサイトに絞って登録しています。複数登録した場合、ランキングサイトからの評価を分散することになり結果下位止まりでアクセス数が減ってしまうからです。

きたきつね
きたきつね

ランキングサイトに登録するかは好みが別かれるところだな

1-2 Ping送信先は有効性の確認

一度設定すればずっと機能してくれるPing送信ですが、送信先のサイトが閉鎖や受付中止をすることもあります。
NGとなったPingサーバーへ送信をしてエラーが帰ってくると何度も送信をすることになり自分のサーバーに負荷がかかり続けてしまうので、Ping送信先のURLは定期的に有効性の確認をする必要があります。
※3ヶ月に一回ぐらいのチェックで良いかと思います

【Ping送信先アドレス有効性確認方法】
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 ←赤文字抜きで検索してサイトが開かないと削除しましょう。

http://blogsearch.google.com/←クリックで表示されるということは有効だということです。


2 WordPress Ping Optimizer設定方法・操作方法

カスタマイズはほとんど必要ないので簡単に設定できます。さっそくやっていきましょう!

2-1 WordPress Ping Optimizerダウンロード方法

①『プラグイン』をクリック
②『新規追加』をクリック
③『WordPress Ping Optimizer』を入力しクリック ※スペースを抜くと検索できません
④『今すぐインストール』をクリック

Ping送信 必要? 不要?

インストールが完了すると『有効化』が出るのでクリック

2-2 WordPress Ping Optimizer設定方法・操作方法

有効化できたら設定画面開きます。
①『プラグイン』をクリック
②『Settings』をクリック

Pingって何? 最新リスト 



①下記にあるリストをコピーして赤枠内にペースト
②『Save Settings』クリック

WordPress Ping Optimizer設定方法


2019年10月確認済みリスト↓

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://xping.pubsub.com/ping/
http://serenebach.net/rep.cgi

設定は以上で完了です。

2-3 WordPress Ping Optimizerの動作確認

設定画面下部のPing Logでちゃんと機能しているかを確認することができます。
まずはNG処理から
『NOT Pinging』はPing送信していないということです。筆者が更新作業をしたのですがPing送信を制御しているので機能している証拠です。

Ping送信 失敗 URL切れ確認方法



01:52に記事公開をしたところ01:55に一つ『Pinging』が出たので成功している証拠です。
これから徐々に『Pinging』が出てきます。

Ping送信NG 確認方法 チェック

3 まとめ

Ping送信のデメリットはサーバー負荷がかかるくらいで30、40個を超えるような大量のPing送信先を登録しなければほとんど影響はないです。
SEO効果がどれほどかは明確にはわかりませんが、SEOは複数の要因の積み重ねで上位表示されるのでやれる事は一つでもやっておくべきです。

上級サイトになれば自分からPing送信をしなくても勝手にクロールされるのでPing不要説がありますが、その上級サイトになるのが大変なんだよ!!との声をよく聞きます。
ほんとその通りで初心者~中級者はがむしゃらにでも正攻法で上位表示されるように頑張りましょう!!!

稼ぐサイトの必須プラグインまとめ↓

最後まで読んでいただきありがとうございました!
記事が少しでも良かった!と思えたらシェアお願いします<(_ _)>!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました