電子マネーで給与支払いを検討 日本でキャッシュレス化は実現するのか?

電子マネー給与支払い,日本でキャッシュレス お金の話
ぶー助
ぶー助

電子マネーてなんだぶ

きたきつね
きたきつね

カードに現金をチャージしといて現金代わりに使うもんだ
財布が軽くなって便利だぞ

先進国のキャッシュレス化に追いつくべく、日本では電子マネーの給与支払いを検討することでキャッシュレス促進をするようですが果たして効果はあるのでしょうか?

情報を精査した上で管理人の意見を書きたいと思います。

電子マネーのメリット

クレジットカード支払い 日本は現金支払い
ぶー助
ぶー助

電子マネーにはどんなメリットがあるぶ?

現金の代わりに電子マネーを携帯した場合にどんなメリットがあるでしょうか。

支払いがスムーズ
お釣が小銭にならないように、自分の小銭を探す手間が省けます。

財布が軽い
小銭や紙幣で財布がパンパンだとなにかと邪魔ですね。

ポイントが貯まる
現金の場合はポイントの概念がありません。
電子マネーであれば現金と同じ買い物をしてもポイントが付くのでお得です。

口座を持てない人に有効
セキュリティが強くなった現代では身分を証明できなかったり、外国人では口座を作れないことがあります。
給料を現金渡しでやっている会社は少なく、また現金を渡されてもずっと現金のまま持っておくのは大きなリスクです。
口座を持てない人にとっては電子マネーで給与支払いが可能になれば大きなメリットになります。

きたきつね
きたきつね

電子マネーを利用している人が多くなってきているなか、荷物が減ること・ポイントが貯まることに意味を見出している人が多いぞ




電子マネーのデメリット

電子マネーセキュリティ怖い 防犯対策

電子メネーならではのデメリットはどんなことがあるでしょうか。

データ改ざん
カードを盗まれるリスクは現金と一緒ですが、電子ならではのリスクが存在します。
クレジットカードで言うスキミングのようにカードは手元にあってもデータを盗まれて勝手に決済で使われる可能性があります。
クレジットカードよりも利用履歴を確認する常識が無いので勝手に使われている事に気付かない場合が多いです。

補償は条件付き
会社にもよりますが、電子カードを発行する時に氏名・住所・電話番号等の所有者情報を事前に登録してカードに記名されていないと補償されません。

チャージ払い戻し不可
基本的に一度チャージしたら払い戻しができませんので、高額をチャージしておくのに不安があります。※一部では210円の手数料で払い戻し可能

種類が多すぎる
日本で流行らない要因であるのが種類の多さです。
統一されていないので全国どこでも使えるカードは存在しません。
WAONはセブンイレブンで使うことはできず、nanacoはイオンで使うことができません。

きたきつね
きたきつね

まだまだ整備が整っていない印象だな




 

日本でキャッシュレスが流行らない理由

日本でキャッシュレスを流行らすには? 時代に追いつく

2020年には東京オリンピックが開催されるのでキャッシュレスに慣れた外国人が押し寄せます。
日本ではまだ対応できていない小売店が多いので不便を感じ、今後来日する観光客が減ってはせっかく誘致した意味がありません。

なぜキャッシュレスが流行っていないのか分析します。

日本の治安が良すぎる

もし普通に歩いていて強盗に頻繁に会うような治安であればキャッシュレスはもっと早く進んでいます。
日本では現金を持ち歩いていても強盗に遭う確立は低いですし、財布を無くしても現金入りで届けられたなんてことも度々あります。

コンビニでも現金を下ろせる利便性

都市に住んでいるかたであれば現金を下ろすのに困った、なんてことはほとんど無いはずです。
コンビニに行けばたいていATMが付いていて手数料さえ払えば夜間でも現金をおろせる銀行が多いです。

きたきつね
きたきつね

治安の関係で夜間にお金を下ろせる国は珍しいみたいだな

レジのみなさんが正確かつ大変速い

海外に行かれた方は経験するかと思いますが、レジ店員の動きの遅さに苛立ったり衝撃を受けたのではないでしょうか?

並んでいても平気で話していたり、お釣をごまかしたり、、、
そんなところに現金払いならではの不便がありました。

しかし日本の接客は最高レベルで、それはスーパーやコンビニのレジ店員ですら求められます。
お釣をごまかす人はほぼいないですし、並んでいても10分も待つことはそうそうありません。

小売店がクレジット・電子マネーに対応できていない

クレジット・電子マネーだけを持って出かけたところで対応していない店は結構あります。
小さな飲食店なんかは対応していない店の方が多いのが現状です。

小売店が電子マネーに対応できない・対応したくない要因は主に3つあります。

・支払端末の導入にかかるコスト
端末を買うためのコストを無駄と感じれば導入する理由がありません。

・支払端末を導入しても全部に対応できない
カード会社の種類が多くこれを置けば全部対応できるという機器が存在しないため、すべて対応させるにはレジがごちゃごちゃになり、支払い端末を置くこと自体に躊躇します。

・電子マネー、クレジットカード支払いは店舗に手数料が発生
以外と知られていないのですが、クレジットカードで支払いをすると店舗側はクレジットカード会社へ1~5%程度(業種によって異なる)の手数料を払っています。
そのため店舗側の利益が目減りします。
としては電子マネー、クレジットの場合は、売上をそのまま貰うことができず、手数料を取られてしまいます。

クレカ豆知識

店舗によってはクレジットカード支払いの場合だと手数料を請求される場合があります。
しかしカード会社ではクレジットカード支払いと現金払いに金額差を付けるのは規約違反のため、クレジットカードの場合のみ発生する手数料は払う義務がありません。
※水商売は特にクレカ手数料請求されるよ

上記以外にも障害はあると思いますが、こういった理由からキャッシュレス対応を敬遠している店が多いため、消費者も現金を持ち歩かなければいけないというループでキャッシュレスが遅れています。

それでもキャッシュレスの時代は日本にも迫っている

海外では電子マネーが当たり前 携帯支払い スマホ払い

2018年10月にキャッシュレス対策としてローソン銀行が開設しました。
今後も先を見た企業から続々と新サービスが発表されることだと思います。

デメリットや不安点も当然ありますがそれでも世界はキャッシュレスに動いているので日本だけ置いてけぼりになるわけには行きません。

新しい情報を精査して自分にあった方法でキャッシュレスに対応していこうー。

ちょっっっっとでも参考になったよ!って方は是非シェアをお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました