リンク切れを防ぐ!Broken Link Checkerの操作方法・設定方法

リンク切れ対処方法,リンクが切れた場合の措置 プラグイン

長くサイト運営を続けていれば記事もたまり知らぬ間にリンク先閉鎖・URL変更になっていることがあります。リンク切れは読者にもSEOにも悪く放置しておくのは非常によくないです。

定期的に確認するべきですが手作業でしていては時間効率が悪いです。

ぶー助
ぶー助

やっと20記事のURL確認が終わったぶ
後50記事、、、

きたきつね
きたきつね

おい、手作業で確認する時間があったら2記事は書けるぞ

こんな時はプラグインに頼りましょう。
Broken Link Checkerではリンク切れ等を自動で検地してダッシュボードやメールで通知してくれます。

きたきつね
きたきつね

ちなみにリンク切れのURLをクリックすると『404Not Found』と表示されることが多いぞ

リンク切れデメリット

【読者】
・読者にとってリンク切れが多いと記事の情報自体が古い認識へつながる
・探している情報が見つからないので、回遊率低下、満足度が低くなる

 

【検索エンジン(SEO)】
・記事として途中離脱・滞在時間低下を招きSEOの評価低下
・検索エンジンのクローラー(SEO評価するためのプログラム)巡回はWebページを巡って情報を取得して、リンクを介して移動します。リンク切れ自体は検索順位に影響しないとGoogleは声明を出していますが、クローラーの訪問回数が減ってしまうので結局は評価低下を招くと言われています。

1 Broken Link Checker ダウンロード方法

設定項目はありますが基本的にデフォルトの設定のまま使うことができます。
まずはダウンロード方法から

1-1 Broken Link Checkerダウンロード方法

①『プラグイン』をクリック
②『新規追加』をクリック
③『Broken Link Checker』を入力しクリック
④『今すぐインストール』をクリック
⑤『有効化』をクリック ※インストールが終わったら『今すぐインストール』が有効化に変わります

Broken Link Checkerって何?リンク切れ

1-2 設定画面の開き方

『プラグイン』をクリック
『設定』をクリック

リンク切れ 影響 デメリット

2 Broken Link Checkerの操作方法・設定方法

ほとんど設定項目に変更はないので簡単です。

2-1 一般設定

①実際にリンク切れの数が表示されます

②定期的にリンク切れチェックをしてくれますがBroken Link Checkerでは自分で見回りの時間を設定できます。
※あまりに感覚が短いとサーバーに負担がかかるので最低48時間~で設定しましょう

③WordPressをログインすればリンクエラーを確認できるのでメール通知が不要な方はチェックをはずしましょう。

残りの設定に関してはデフォルトのままで大丈夫です。
※『リンクエラーにカスタムCSSを適用する』ではリンクエラーを自動的に横線を引いてくれる設定が入っています

リンク切れ 確認方法 見つける方法

それではリンクエラーが発生した場合の確認方法です。

2-2 リンクエラー確認方法

先ほどの画像の①『1個のリンクエラーを発見しました』をクリックするとリンクエラー画面が表示されます。

ここではどの記事でリンクエラーが発生しているかを確認できます。

Broken Link Checker 操作方法 使い方

主に対処方法は3つあります。

1.URLを編集
・リンク先URLを正しいリンクに設定しなおす

2.リンク解除
・新しいリンク先が見つからない場合はリンク自体の解除

3.無視
・なんらかの事情がない限り無視はやめましょう、、、

そのリンクに応じて最適な設定をしましょう。

3 まとめ

サイト運営する上でユーザー目線に立ってサイトを作りをする事が結果SEO対策へ繋がり、稼ぐサイトへと進化していきます。

リンク先でエラーが出て萎える気持ちは誰しも感じたことがあると思いますので対策をとりましょう!

稼ぐサイトの必須プラグインまとめ↓

最後まで読んでいただきありがとうございました!
記事が少しでも良かった!と思えたらシェアお願いします<(_ _)>!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました