【実録】治験バイトは危険!?実際に行った体験談を語る

治験バイト 危険 副業

治験バイトってヤバイ薬を飲まされる人体実験なんじゃ、、、そんな噂を聞いたことがあるような無いような。実際に行ってみる前に具体的にどんな事をするのか知りたい!!という方向けに20回以上治験を経験している自称治験マスターが、具体的な治験の流れを載せていきますので興味がある方は是非ご覧ください。

きたきつね
きたきつね

かっこよく言えば体を張った社会貢献だな

治験とはどんなもの?

治験 稼げる

厚生労働省の指導のもとに実施している臨床試験で、薬の有効性や安全性を確認するための試験で有償ボランティアのくくりです。そのため給料ではなく協力費としてもらうので『治験バイト』と言う表現は正確ではないですね。

きたきつね
きたきつね

まぁわかりやすいから治験バイトってゆーけど

薬を飲んだり貼ったりして経過観察をしてデータを取るので、完全に他の薬が体内に残っていない状態で試験しなければならないため、前回の治験・献血・投薬から最低3ヶ月間の期間を空けなければ新しい治験に参加することはできません。

治験を参加するに当たって禁止事項がいくつかあるので代表的なものを記載します。
・3ヶ月以内に薬物(風邪薬を含む)を摂取しない
・3ヶ月以内に献血していない
・1週間前にグレープフルーツ・柑橘系果実を含む飲食をしていない
・3日以内にセント・ジョーンズ・ワート含有飲食物を摂取していない
・数日以内に中性脂肪が上がるような食事はしない
・数日以内には飲酒をしない
・数日以内に激しい運動はしない

などなどもっとありますが食事と飲酒に気をつければたいていは問題ないです。入院してからの禁止事項も多くありまして。
・喫煙、外出、飲酒をしない
・出された食事は完食する
・就寝時間は寝る
・職員の指示に従わない

事前に説明されるのでルールは守りましょう。ルールを破った場合は貰える協力費が半減したり途中で帰されたりします。

途中で具合が悪くなったり不幸があったりした場合は途中で帰宅することができます。もちろん貰えるお金は減ります。治験が終わったあとに副作用が出たりしても保障して貰えるので、安心して治験に挑むことができます。

治験の種類

治験内容は大きく分けて2種類あります。
【新薬(先発約)】
新薬を販売するには実際に人間に使ってどんな効果がでるのか副作用・後遺症はあるのか?等の安全性を確認して、そのデータを国に提出して認められてようやく市場に販売されます。今までになかった薬なので当然高値で販売されます。

【ジェネリック薬品】
新薬としてすでに販売されている薬の特許が切れたら、ジェネリック(後発約)として色々な会社で販売することができます。基本的に先発薬と同じ成分でできているので当然効果は同じですが、それでも治験を通して安全性を確認して国にデータを提出する必要があります。すでに安全性が確認されている薬のため新薬よりも副作用・後遺症が発生するリスクは大きく下がります。

治験方法

治験方法も大きく分けて2種類
【入院タイプ】
正確に時間を測っての血液検査や食事を管理する必要性があるので入院します。基本的に外出禁止で禁煙はもちろんのこと、食事は統一されており残すことも許されません。時間に融通がきくのと団体生活に支障がない人でなければできません。
たいていは2泊2回とかで分けて泊まることになり、1期先発約・2期ジェネリック(順番は限定されない)の経過データが同じかどうかを確認する治験が多いです。

【通院タイプ】
名前の通り指定された日時に合わせて病院へ通院します。薬を使用して血液検査等をしたりアンケートに回答したり、3~5時間で終わるものを何回かに分けて通院します。

いくら稼げるのか?

所得 稼ぐ

治験内容や期間によって異なります。

通院の場合
回数×5千~1万円

入院の場合
1日×1~3万円
※入院する期間が長い程、高額になる傾向

上記のほかに、交通費として1回の通院につき別途3千~6千円程度支給されることが多いです。
募集要項では入院が圧倒的に多いので、治験は高額なお金を貰えるイメージがあります。

【実録】治験バイトに行ってみた

治験バイト 危険

筆者は10代後半の頃から治験に行っており、治験管理をしている人と世間話をする程度には仲良くなっています。通院・入院ともに経験していますが、がっつり稼ぎたいので入院が圧倒的に多く累計15回以上は治験に行っており大体の流れは頭に入っているので特に強いストレスを感じることはありません。

きたきつね
きたきつね

10年以上前から治験に行ってるが初期と今では多少やり方が変わってきているぞ
今回記載の内容は2019年夏にやった治験内容が参考だ

しかし1回の治験で十何回もの血液検査があり、その度に注射されるので恐怖を感じるし注射できる箇所は肘の内側で決まっているので傷口に注射で痛い。。。辛
※3泊4日で計15回×2回=計30回注射されます
(生まれも育ちも北の大地)筆者は北海道で治験を募集をしている大手会社のヘビーユーザーで、この会社の治験しかやったことないですが公式サイトのレビューには書かれないような話しを含めた裏話を書いていくので治験に参加する予定のある人はご参考にどうぞ。
3泊4日×2回=12万円で参加した治験を例に書いていきます。

きたきつね
きたきつね

ちなみに本業は有給を使って参加しているぞ笑

治験の参加方法

まずは治験サイトに登録。するとライン・メール・電話等で連絡がきたり自分でサイトを確認して治験募集の概要を見て、都合の付く日があるか確認の上で応募します。応募すれば絶対参加できるわけではなく、予め定員が決まっており事前に検査をして成績(健康体)が良い人だけが参加できます。検査内容は身長・体重・血液・尿・心電図とかの一般的な検査内容。
合否は電話やメール等で連絡が来ます。

合格したとして1日目詳細から!!

1日目

入院日程は何も予定を入れず金に目が眩んだ状態でいざ病院へ!!(だいたい夕方集合)時間は厳守です。
【持ち物】
・3日分のスウェットやジャージ(衣類)
・お風呂道具(シャンプー・リンス等)
・歯ブラシ、歯磨き粉
・バスタオル、手ぬぐい
・洗顔道具
・時間つぶし道具(筆者の場合はパソコン)

きたきつね
きたきつね

ギターも持っていきたいけど音が出るものはさすがに迷惑かなと思い自重している

3日分の衣類に関しては、基本的にずっと病院内にいるのでおしゃれを相当気にしている人でない限りはスウェットジャージですがたまに私服の人もいます。
病院内ではWiFiが使えるので自分でポケットWiFiを持って行く必要はありませんが、速度は遅いです。

ぶー助
ぶー助

私服の人は狙いたい看護士でもいるのかも笑

到着するとまずは手荷物検査。タバコや食料がある場合には帰宅時まで没収・破棄されます。そして検査。1時間もすると検査結果がわかりここで運命の分かれ道。発表されるのは、、、『補欠の人

【補欠に選ばれた場合】
1泊だけして翌朝の検査で合格者の体調に問題が無ければ1万円+交通費3000円とか渡されて帰宅。もし合格者のなかで継続できない人がいた場合は補欠から合格に繰り上げでそのまま入院します。

きたきつね
きたきつね

2回補欠になったことがある

補欠に選ばれずに無事通過したらまずは夜ごはんを食べて、シャワー・歯磨きをして就寝時間がきたら寝て終了。ちなみにシャワーは5個あり湯船はありません。入るも入らないも自由なので3日間シャワーを入らない臭いひともいたりいなかったり。

1日目終了

2日目

6時に起こされてまずは7時に血液検査、ここで補欠の人は退場します。これから始まるのは薬を飲んで4時間ベッドに座りっぱなしの注射地獄。(トイレは車椅子)寝たら薬の溶け具合に影響するため、事前に暇つぶしできるように漫画を大量確保したり持参のDVDを机に用意したりして暇対策の準備をします。※治験用病室ではめちゃ漫画が用意されている
4人程度のグループに分かれ秒単位で時間を計り薬を飲んでゆき、その後は1時単位で1.2.3.4.5.6.7.8.10.12.24.28.34.26.48と計測して血液検査をしていきます。

きたきつね
きたきつね

時間を計測する人がいて『1分前です。10秒前、5.4.3お願いします。』とか言われるから余計に注射を意識する
うまく血が取れない時はすぐに違うところを注射しなきゃだから看護士に当たり外れがあるぞ

4時間のベット拘束注射地獄が終わったら昼食タイム。朝ごはんが無いのでもう腹ペコ。基本的にベントスの弁当で野菜が多いわけでもなく健康に気遣いする病院食ではないです。
ちなみにベット拘束後は注射する時間になったら食堂的なとこにみんな集まって注射をした順番
に自由行動です。基本的に注射以外の時間は全部自由行動で夜ごはん(ベントス)食べて寝支度をしてPM11時に就寝。

2日目終了

3日目

6時に起こされて7時に朝食、13時に昼食、19時に夕食。注射は4回程度しかなくてほとんどが自由時間。この頃には漫画を読むのにも疲れている状態なので時間が長く感じます。

3日目終了

4日目

解放

6時に起きて7時に朝食。布団やシーツを畳んで帰り支度を済ませます。最後に健康診断をして問題がなければ開放!!

上記のような日程を1週間ちょっと空けて2期が始まり内容は一緒。ただし4日目の開放時にはボランティア協力費が現金で貰えるのでウッハウハ!!大金が手元にある状態なので少し怖いです。

看護士と禁断の。。。

看護士との禁断の恋

注射は看護士資格がないとできないので多くの看護士が治験ために働いています。一般的な入院ではないので大層なことはしてくれませんが、注射を打ったり食事の用意をしてくれたり。
暇な時間が多いので話しを聞くと病院に常時いるのではなく治験の為に臨時的に集められた人が多いため、家庭に入って看護士を辞めた年配のベテラン看護士とかが多いです。
だけどたまに若い人もいたりします。注射をする時に気を逸らす目的なの結構話しかけてくれる人もいるので看護士との禁断もワンチャンあるかも。笑

ちなみに就寝時間になったら見回り用の看護士が一人だけで他はみんな帰ります。

治験はどこでやってるの?

治験をやっている会社は複数ありますが、基本的には地域限定でやっているので自分の住んでいるところから行けそうな所を登録する必要があります。

全国の地域別で治験募集会社をまとめたのでよければ参考にどうぞ

まとめ

治験は禁止事項さえ守れれば危険なこと・難しいこと・めんどくさいこともなくて最強のバイトだと思います。筆者の場合は治験中に記事作成やポイントサイト巡り、副業等をしているので稼ぎながら稼ぐ『本業有給×治験バイト×副業』のトリプル収入を得て時間効率を飛躍的にアップさせています。

治験にきている人は大学生が多く30代のおっさんには少し気が引けますが治験バイト者とは特に会話をすることもないので基本的に問題ないです。

ぶー助
ぶー助

あのおっさんは無職なのかなとか思われてる

きたきつね
きたきつね

まぁそれはしゃあない
稼ぐを考えた場合、めちゃ効率よく動くことができるので治験はおすすめだ
条件に当てはまる案件があればチャレンジしてみよう


ご覧頂きありがとうございました。よろしければSNS等でシャアお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました